たいら六町目内科
診療方針
診療案内
交通案内
施設案内
医師紹介
../page06.html
レシピ
リンク
トップ
疾患メモ
アイコン 甲状腺コラム

2010年 10月 慢性甲状腺炎(橋本病)

この病気は、発見した医師の名前をとって、別名 橋本病ともいわれます。

甲状腺の病気は女性が多いのですが、慢性甲状腺炎は特に女性が多いです。

 慢性甲状腺炎の患者は甲状腺に対する抗体をもっており、

その抗体が自分の甲状  を攻撃してしまうことで発症するのです

このような病気を自己免疫病といい、慢性甲状腺炎はその代表的なものです。

慢性甲状腺炎の問題は 甲状腺が腫れること、

甲状腺機能低下(だるさ、体重増加などの症状)すること

無痛性甲状腺炎(甲状腺ホルモンが一時的に上がったり、下がったりする)

の状態になること、急性増悪(甲状腺に痛みがでる)になるなどです。

 慢性甲状腺炎は数年から十数年にわたり、良くなったり、悪くなったりを

繰り返す病気で、甲状腺が腫れているなどにて気づくこともありますが、

多くの場合この病気に気づかないのです。

 診断のためには、血液検査で甲状腺の抗体、甲状腺ホルモンの検査をすることです。

慢性甲状腺炎は初期のころは、甲状腺ホルモンが正常のこともありますが、

経過の途中で甲状腺ホルモンが上がったり、下がってきたりすることもあり、

長期的にみていく必要があります。

もどる