たいら六町目内科
診療方針
診療案内
交通案内
施設案内
医師紹介
../page06.html
レシピ
リンク
トップ
疾患メモ
アイコン 糖尿病コラム

2009年8月 糖尿病と治療薬

食事と運動をきちんとやっても、血糖のコントロールが改善していかないときは

薬を処方します。薬は注射薬(インスリン)と飲み薬があります。

飲み薬にはいくつか種類があります。

1、スルホニルウレア薬(アマリール、オイグルコン、グリミクロンなど)

膵臓に働いて、インスリンを出させる働きをします。

2、速効型インスリン分泌促進薬(グルファスト、ファスティックなど)

スルホニルウレア剤と同じくインスリンを出させる働きをしますが、
作用が早く出て早く消えます。

3、αグルコシダーゼ阻害薬(ベイスン、グルコバイなど)

炭水化物の消化吸収を遅くして、食後の血糖の上昇を緩やかにします。

4、インスリン抵抗改善薬(アクトス)

インスリンの働きを良くして、血糖を下げます。

5、ビグアナイド薬(メルビン、グリコランなど)

肝臓で糖産生を抑えて、血糖をさげます。

 上記の薬を患者さんの状態にあわせて
単独あるいは組み合わせて処方していきます。
 また、近い将来新しいタイプの糖尿病薬も出る予定になっております。
 年々治療薬も進歩しています。 将来は食事療法しなくていい!!
なんて夢のような薬が現実になるといいですね。

もどる