たいら六町目内科
診療方針
診療案内
交通案内
施設案内
医師紹介
../page06.html
レシピ
リンク
トップ
疾患メモ
アイコン 甲状腺コラム

2009年7月 バセドウ病の薬物治療

 バセドウ病の治療には内服治療、手術、アイソトープ治療
の3つがあるということを以前のコラムで書きましたが、
今回は内服治療に関して概略を書いてみます。

 薬は メルカゾールとプロパジールの2種類あります。
まずは2〜4錠から始め、1か月に1回くらいで甲状腺ホルモンを採血して、
甲状腺ホルモンの量を測りながら、甲状腺ホルモンが低下してきたら、
徐々に薬を1〜2錠ずつ減量していきます。

 そして、甲状腺ホルモンが正常に維持していける量で内服を継続していきます。

 抗甲状腺薬を減量していって、 2日で1錠程度が維持量となり
甲状腺ホルモンおよび、
TSHレセプター抗体が正常となった場合は、
甲状腺薬を中止してもよいと思われます。

 しかし、そのような患者さんの場合でも20〜30%は再発してくるので
薬をやめても3〜6か月後には甲状腺ホルモンの検査が必要です。

もどる