たいら六町目内科
診療方針
診療案内
交通案内
施設案内
医師紹介
../page06.html
レシピ
リンク
トップ
疾患メモ
アイコン 高血圧コラム

2009年 3月 たばこ、アルコールと高血圧

 たばこにはニコチンが含まれていますが、
ニコチンは血管を収縮させ血圧を上げたり、
脈を早くしたりする働きがあります。
 たばこを吸ったあと、手足の血流を測ると、血流の低下がみられます。
 またたばこを吸うことにより、血液中に一酸化炭素が取り込まれ、

心筋梗塞、脳梗塞の原因になりこともあるといわれています。
 たばこは百害あって一利なしですね。

 一方少量のアルコールは 血圧を下げる働きをし、
ストレス解消にもよいのですが、
習慣的にアルコールを飲みすぎると、血圧は上がってしまいます。

 アルコールは適量ならばよいのですが、飲みすぎはよくないですね。

 適度のアルコールとは、 

    日本酒 1合    
    ビール  大瓶1本

    ウイスキー ダブル1杯
    焼酎(25度)  100ml
    ワイン    200ml

一日量はこのくらいを限度にしてみてください。

もどる