たいら六町目内科
診療方針
診療案内
交通案内
施設案内
医師紹介
../page06.html
レシピ
リンク
トップ
疾患メモ
アイコン 高尿酸血症コラム

2008年10月 高尿酸血症 痛風発作の引き金

 尿酸値が高いままだと、痛風の発作を起こしやすくなります。

 尿酸 7〜7.9   16%
          8〜8.9   25%
           9.0 〜   90%  
  
で痛風の発作をおこすという報告があります。

そして、どんな時に痛風発作をおこしやすいかというと、

1 たくさんのアルコールを飲んだとき。
 アルコールは尿酸の産生をたかめ、排泄を抑制するといわれています。

2 激しいスポーツをした後。
 短距離走や、過度の腹筋運動など筋肉トレーニングなどは
尿酸値が高くなるといわれています。
水泳や散歩などを定期的に行うのはよいようです。

3 発熱したときなど脱水状態になったとき。

4 急に寒くなったとき。
 尿酸は温度が下がると溶けにくくなるため寒くなってくると、
結晶化して発作が起きやすくなるといわれています。
 ですから、尿酸が高めの方はこれらのことにも気をつけて
発作起こりにくくするように気を付けてください。

もどる