たいら六町目内科
診療方針
診療案内
交通案内
施設案内
医師紹介
../page06.html
レシピ
リンク
トップ
疾患メモ
アイコン 高血圧コラム

2007年1月 家庭での血圧測定

 最近家庭用の血圧計が普及し、自分で血圧を測定しておられる方は多いと思います。
家庭血圧からは、診察室での血圧測定ではわからない情報が得られ、
高血圧の診断と治療に大きな意義があります。
 血圧をはかる時間帯は、一般的には 
朝(起床時1時間以内で朝食前、服薬前)
晩(就寝前)がよいと思います。
血圧測定部位は 上腕がのぞましいといわれております。
手首、指での血圧は測定結果が不安定のようです。
1分くらい安静にした後で測ってください。
毎日測れなくても、測れるときだけでもかまわないのです。
 また、測った結果は是非主治医に見せてください。
家庭血圧は一定の条件で数多く測れますので、
信頼性に優れています。また特に早朝高血圧は診察室だけでの
血圧測定ではわかりません。
高血圧に関係する心血管障害は、
外来血圧より家庭血圧との関連が強いことがわかっています。
さらに、患者さんの血圧への意識が高まり、治療への理解が深まると思います。
このように家庭血圧測定は有用で、血圧の自己管理の面からもお勧めします.

 

もどる