たいら六町目内科
診療方針
診療案内
交通案内
施設案内
医師紹介
../page06.html
レシピ
リンク
トップ
疾患メモ
アイコン 高血圧コラム

2006年9月 白衣高血圧症と仮面高血圧症

 家庭で血圧は正常なのに診察時に血圧が上がってしまう、
診察のときの緊張から一時的に血圧が上がってしまう、
このような状態を白衣高血圧症と言います。
このタイプのほとんどは治療はいらないと言われています。
 一方診察のときは血圧が正常なのにそれ以外のとき(例えば、ストレスの多い日常や睡眠時や早朝など)に血圧が上がってしまう、
このような状態を仮面高血圧症といいます。
仮面高血圧症のほうは日常で高血圧の状態が多いため、
この状態を放置しておくと、脳卒中や心筋梗塞などの臓器障害を起こしやすいといわれており、高血圧の治療が必要なのです。
仮面高血圧症かどうかしらべるには、診察室での血圧測定だけでなく、家庭での血圧測定をする必要があります。
起床後、朝食前、就寝前などいろいろなポイントで血圧を測って、血圧が
135/85 が続くようなことがあれば、医師に相談してください。

 

もどる