たいら六町目内科
診療方針
診療案内
交通案内
施設案内
医師紹介
../page06.html
レシピ
リンク
トップ
疾患メモ
糖尿病コラム
2006年8月 糖尿病のコントロール目標

糖尿病のコントロール状態をみるには、 採血をして血糖値とヘモグロビンA1cを調べます。
ヘモグロビンA1cというのは採血したときからさかのぼって、
1〜2ヶ月間の血糖の状態がわかる検査です。
血糖も重要なのですが、血糖はそのときだけの数値なので採血の時間、前日の食事、運動など
ちょっとしたことが影響するため、血糖の全体状況を把握するのは困難なのです。
ヘモグロビンA1cは外来で1ヶ月に1度の血液検査をする患者さんにとって
全体的なコントロール状態を知るためには特に重要な検査です。
 血糖コントロールの評価
不十分 不良 不可
ヘモグロビンA1c 〜5.7 5.8〜6.4 6.5〜6.9 7.0〜7.9 8.0〜
空腹時血糖 80〜109 110〜129 130〜149 150〜159 160〜
食後2時間血糖 80〜139 140〜179 180〜199 200〜219 220〜
上の表の優となるように血糖コントロールをがんばりましょう。
血糖のコントロールが優になると、体調もよくなります。
(だるさ、喉の渇き、病的な体重減少、体のかゆみ、筋肉のこむら返りなど、、、)
また糖尿病の合併症(網膜症、腎症、神経症、脳梗塞、心筋梗塞、壊疽など)
になるのを防ぐのです。

 

もどる